最近、大気汚染などの公害により、健康への影響が懸念されております。その対策法を考察してみましょう。

注意したい 公害による健康への影響
注意したい 公害による健康への影響

公害による健康への影響

注意したい 公害による健康への影響
大気汚染などの公害により、わたしたちの健康へ影響を及ぼす恐れがあることが、問題視されております。
最近では、中国で発生した大気汚染が問題となっており、それによる影響が日本にも広がりつつあり、わが国における生活にも支障をきたす恐れがあるとされております。

今回発生した大気汚染はPM2.5という物質が原因です。

また、この物質が発生した原因は、自動車の排気ガスや化学工場から吐き出される煙、花火や爆竹などです。

これらの汚染物質が蓄積し、大気中に蔓延したことで大気汚染に発展したのです。

大気汚染に見舞われた地域は、最初のうちは中国の首都・北京でしたが、風に運ばれて日本にまで飛来するようになりました。
日本における大気汚染の影響は、最初は九州地方から始まり、次第に東部へと広がり、やがては東日本までもが汚染物質に包まれました。
また、今年は花粉が例年に比べて多かったこともあり、元々花粉症ではなかった人も、花粉症を発症してしまうほどの影響力がありました。
さらには、これらの物質に加え、黄砂や煙霧が飛来してきたこともありました。
強風の影響で地面の砂埃が舞い上がることで粉塵が発生し、視界不良などの悪影響を及ぼすのです。

ちなみに、黄砂も煙霧の一つとなります。
従いまして、今年は花粉・PM2.5・黄砂・煙霧といった、複数の有害物質及び汚染物質に悩まされた年となりました。
これらによる影響を最小限にとどめる方法は、眼鏡やマスクの着用はもちろんのこと、帰宅した後は手洗い・うがいを普段よりも徹底し、また、顔をしっかりと洗い流すことが重要となります。
ほかにも、浴室で体を洗い流すことも普段よりも念入りに行ったほうがよいでしょう。そもそも、大気汚染は人間による経済的かつ社会的な行動が原因となりますので、完全に防ぐことはほぼ不可能に近いのが現状です。

特に、排気ガスや煙を出す自動車や工場などは、移動や物品製造には必要不可欠なものであるため、なくそうにもなくせないのが現実なのです。

関連サイト